帰化申請サポート

帰化申請をしたい方

まずはじめに

帰化の要件にあてはまるか確認します。

帰化の要件(下記は大まかな要件です。詳細については、法務局へご相談いただくか、当事務所へご相談ください)。
①住居要件(引き続き5年以上、日本に住んでいる(住所がある)、就労系在留資格で3年以上働いている※日本人の配偶者(夫または妻)の場合は条件が異なります。)
②能力要件(20歳以上※20歳未満については、親と同時帰化であれば可能)
③素行要件(素行が善良である※交通違反等の違反歴がある方は、ご相談ください)
④生計要件(安定的な収入があり、生活できる)
⑤喪失要件(日本に帰化したら、母国の国籍を失うことができる)
⑥思想要件(日本を破壊しようとするなど危険な思想をもっていない)
⑦日本語能力要件(日本語が読み書きできる)
帰化の要件に当てはまったら

必要資料を収集します。

下記は、おおよその必要書類ですが、国や経歴等によって収集する書類、提出する書類が多くなることがあります。ご自身でされる場合は、法務局で相談を受けて、法務局の指示で収集してください。当事務所では書類取得の代行も行っております。
①帰化許可申請書
②親族の概要
③履歴書
④帰化の動機書
⑤国籍・身分関係を証する書面
⑥国籍喪失等の証明書
⑦住所証明書
⑧宣誓書
⑨生計の概要を記載した書面
⑩事業の概要を記載した書面
⑪納税証明書
⑫運転記録証明書
⑬自宅、勤務先、事業所付近の略図
⑭出入国記録
⑮その他(法務局の指示による)
資料が集まったら

住所地を管轄する法務局へ事前相談に行きます。

当事務所へご依頼いただく場合は、行政書士が代理で相談に行きます。追加で指示された資料などを揃えます。
申請

申請者自身が法務局に申請します。

本人申請のみのため、行政書士が代理で提出することはできませんが、申請時に同行いたします。
申請後

法務局の面接を受けます。

面接は申請者自身のみです。行政書士は立ち会うことができません。
帰化ができたら

住所地の市区町村で戸籍作成、各種名義変更等の手続きをします。

申請者ご自身で手続きをお願いします。

当事務所にご依頼いただく場合

サポート内容
 当事務所では、代理で取得可能な必要書類をすべて収集し、申請書を作成します。
 なお、ご本人様のみしか取得できない書類もありますので、その際はご協力をお願いいたします。
 外国語の書類につきましては、翻訳が必要となります。ご自身または身近な方で翻訳可能であれば、翻訳料は不要になります。

 

料金
(会社員の方)

①被雇用者(会社員)帰化申請サポート

100,000円+書類取り寄せ実費+翻訳料実費

事情に応じて書類取り寄せ費用や翻訳料がかかります。詳しくはお問い合わせ下さい。

 

(自営または会社役員の方)

②個人事業主又は法人役員(自営・会社役員の方)帰化申請サポート

150,000円+書類取り寄せ実費+翻訳料実費

事情に応じて書類取り寄せ費用や翻訳料がかかります。詳しくはお問い合わせ下さい。
 
帰化申請 金額(税込) 備考
被用者 100,000円 着手時に5万円、
申請時に5万円
お支払いいただきます。
個人事業主又は法人役員 150,000円 着手時に7万5千円、
申請時に7万5千円
お支払いいただきます。
書類取寄費用 実費 事情によります。
翻訳料 実費 翻訳枚数によります。

お問い合わせはこちら